Plastic SCM

Plastic SCM

Plastic SCMは、開発チーム全員で利用できるバージョン管理のためのツールです。分散型、集中型、またはその両方で動作し、アーティスト向けの革新的なビジュアライゼーションや、プログラマーの期待に応える多彩な分岐機能をはじめとしたバージョン管理システムの新常識を提案します。

Plastic SCMで始めるバージョン管理

Plastic SCMは、開発者やアーティストがパフォーマンスや分岐・マージ機能に妥協することなく、迅速かつ共同作業を可能にするワークフローを実現します。
もっと見る




分岐とマージに費やす時間を抑制

言語にとらわれないリファクタリングロジックが組み込まれた「Xmerge機能」を使うと、複雑な3通りのマージのコンフリクトでも簡単に解決することができます。
例えば、ある開発者がコードの塊を移動し、別の開発者が同じ塊内の内容を変更したとします。

これにより、このようにファイル内でコンフリクトが発生します。

Plastic SCMのマージツールでは、一般的なマージツールと同様に、コンフリクトを一つ一つ手動で解決することができます。
マージツールの拡張機能である Xmergeツールでは、マージしようとしているコードブロックが移動されたことを検出しつつ、競合部分を自動的に解決する機能を提供します。
上図の状態で「Xmerge」ボタンを押すと、自動的に下図のようにコードが移動され、かつ、コード内の変更が適用されます。

また、C#/VB.net、Java、C言語を使用している方には、Plasticの"Semantic Diff"機能により、リファクタリングされたコードを自動的に検出し、解析することができます。Plastic はコードの移動、関数のリネーム、ファイルの分割などを検出し、その結果をわかりやすいビジュアルツールで表示します。メソッド(ファイルではなく)の履歴を見ることもできます。他の言語でも、独自のパーサをプラグインすることも可能です。

詳細はこちらをご覧ください




分散型と集中型を併用可能

Plastic SCMを使うと、分散型(チェックインプッシュ型)と集中型(チェックインするだけ)の両方のワークフローを行うことができます。一部のチームメンバーは集中型で作業することができますが、他のチームメンバーは分散型の設定を同時に使用します。
Plastic SCMには、外部リソースとの連携を行うためのオプションがいくつか用意されています。
GitSyncを使うと、Gitリポジトリ内でPlasticクライアントを使うことができます。クライアントは、他のgitクライアントと同様にGitプロトコルを使用して通信します。
チーム内に Perforceを使用するメンバーがいる場合、そのメンバーは P4Syncコマンドを使用してPlastic SCMと同期することができます。

また、「fast-import」フォーマットを使ったバージョン管理システム(Hg、Subversion、CVSなど)のリポジトリ履歴をPlastic SCMに取り込むことも可能です。あるいは、別のバージョン管理システムを使いたいと思った場合には、Plastic SCMをfast-export形式でエクスポートして持ち出すこともできます。




プログラマーとアーティストが一緒に仕事ができる

同じレポでは、プログラマーは、分散ソース管理、コードレビュー、ブランチマージなどの機能を利用することができ、巨大なアートファイルのローカルコピーに悩まされることはありません。アーティストや非技術的なチームメンバーは、最小化されたGUIを使用し、ファイルをロックし、スピードに最適化されたデータ転送で大容量ファイルのチェックインとチェックアウトを行うことができます。
プログラマーはPlastic GUIの堅牢な機能とコマンドライン・インターフェースを利用することができ、アーティストはPlastic GluonというシンプルなGUIを利用することができます。




目玉機能

Plastic SCMでは、クラウドホスティングからパフォーマンスやスケーラビリティ、統合、DevOps、セキュリティまで、様々な機能を重視しています。詳しくは機能ページをチェックしてみてください。




よくある質問

Q Plastic SCM の価格を教えてください
Plastic SCM では 1 か月あたり最大 3 ユーザーが 5 GB のクラウドストレージを無料で利用できます。4 名以上のユーザー向けの料金は、クラウドレベルのユーザーあたり $7/月から始まり、エンタープライズレベルではユーザーあたり $23/月になります。詳細情報
Q Plastic SCMを無料で利用できますか?
Free Cloud Editionプランは、3人、5GBまで無料でご利用いただけます。 エンタープライズ版では30日間のトライアルも可能です。営業窓口にお問い合わせください。
Q Plastic を使用できるのは Unity だけですか
いいえ、Plastic をお使いの他のほぼすべてのソフトウェアと組み合わせて、強力なバージョン管理サポートを利用できます。ただし、Unity 向けの Plastic プラグインを使用するとコアエンジン内で Plastic をより直感的に使用できます。
Q Plastic SCMを利用するために、Unity Plusや Unity Proの契約は必要ですか?
いいえ、Unityを使用せずに Plastic SCMをご利用になる方は、もちろん Unity Plusや Unity Proの契約は不要です。
Q 違うシステムから移行したいのですが、その方法を教えてください
git、Perforce、SVNなど複数のシステムからPlasticに移行することが可能です。詳しくは機能ページをご覧ください。