Search Unity

ゲーム開発のためのPlastic SCM

ゲーム開発では、バージョン管理システムに特別な課題があります。複雑なソースコードに加えて、数千のバイナリアセットを扱うことになり、中には数ギガバイトのサイズのものもあります。このようなプロジェクトでは、ゲームチームのニーズに合わせて最適化されたバージョン管理システムが重要になります。




クラス最高レベルのパフォーマンス

7.16GBのリポジトリに182,749個のファイルと14,852個のディレクトリを配置したPlastic SCMのベンチマークテストの結果では、競合他社を5倍も上回る結果となりました。




Unityとの相性

Plastic SCMにはUnityとのプラグインがあり、エディタから離れることなく、チェックイン、ブランチ、さらにはシーンやプレハブのマージを扱うことができます。




よりスマートなマージ

C#/VB.net、Java、C言語を使用している方には、Plasticの"Semantic Diff"機能により、リファクタリングされたコードを自動的に検出し、解析することができます。Plastic はコードの移動、関数のリネーム、ファイルの分割などを検出し、その結果をわかりやすいビジュアルツールで表示します。メソッド(ファイルではなく)の履歴を見ることもできます。他の言語でも、独自のパーサをプラグインすることも可能です。




アーティストも使いやすい

最小化されたGUIを使用し、必要なファイルだけワークスペースに置けます。ファイルをロックし、スピードに最適化されたデータ転送で大容量ファイルのチェックインとチェックアウトを行うことができます。また、バイナリファイルを扱うためのカスタム差分ビューアやマージツールを設定することもできます。




簡単に始められる

Plasticを評価するには、実際に使ってみるのが一番です。Plastic SCMのクラウドサービスは、3人のチームであれば5ギガバイトまで無料で利用できます。利用に必要なのはUnityのアカウントだけです。

Plastic SCM Enterpriseは一人当たり$23/月(税抜)です。5人、30日間のトライアルも可能です。

さらに、エンタープライズ版の3ヶ月間のトライアルのキャンペーンも提供していますので、ご興味のあるかたは営業窓口にお問い合わせください。