Search Unity

Backtraceよくある質問集

  • Backtrace
  • 新製品
  • 開発者向け

<このページで学べる内容>

Backtraceに関する一般的な質問への回答

通信、エラー数とストレージ要件

Backtraceに送られるクラッシュの数を制限したり、ストレージの必要量を減らしたりするにはどうすればいいですか?

エラー数

ストレージ容量

  • サーバーのエラーサンプリングを使用して、「同じフィンガープリントの場合、1分ごとに1つの新しいエラーのインスタンスだけを保存する」など、ストレージに保存されるエラーの数を制限することができます。
  • 送信アクションを設定することで、さまざまなエラーを無視するためのルールを設定することができます。

シンボルファイル(dsymやsoなど)は、クラウドのストレージ上限にカウントされますか?

シンボルをBacktraceインスタンスにアップロードすると、ストレージの総使用量にカウントされます。
Backtraceインスタンスの代わりに独自のシンボルサーバーを構築することもできます。
シンボルサーバーの詳細についてはこちらをご覧ください。

ソースコードはクラウドストレージの上限に含まれますか?

いいえ、ソースコードはストレージの制限には含まれません。

エラーが送信されていない場合でも、クライアントはBacktraceと通信しますか?通信する場合は、エラー数の上限にカウントされますか?

アプリケーションを起動時に通信を行い、その後、一定の間隔でBacktraceと通信し、クラッシュの安定性を追跡します。エラー数の上限にカウントされません。デフォルトでは、30分に1回送信されますが、設定を変更したり、無効にしたりすることができます。
詳細については、READMEファイルを参照してください。

デバイスがオフラインの状態でエラーが発生した場合はどうなりますか?

設定方法に基づいて再試行します。また、起動時にエラーの送信を試みることもできます。
詳細については、READMEファイルを参照してください。

セキュリティ

Backtraceはオンプレミスで運用できますか?

できます。詳細はお問い合わせ窓口までお問い合わせください。

ソースコードだけ、オンプレミスでホスティングできますか?

できます。詳細はお問い合わせ窓口までお問い合わせください。

Backtraceは、DRMやアンチチートツールをサポートしていますか?

Backtraceは、Denuvoを含むいくつかのDRMツールで動作します。
お使いのツールが動作するかどうかを確認するには、サンプルのクラッシュを作成してテストするか、support@backtrace.ioにお問い合わせください。

Backtraceはシングルサインオン(SSO)に対応していますか?

対応しています。 Backtraceは、SAMLを使用するすべてのサービスで動作します。
詳しくはこちらをご覧ください。

ユーザーおよびプロジェクト管理

チームメンバーが特定のプロジェクトにしかアクセスできないように制限することは可能ですか?

可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

プロジェクトを削除できないのはなぜですか?

現在プロジェクトの削除ができません。お困りの場合はsupport@backtrace.ioにお問い合わせください。

ネイティブ・クラッシュ

なぜネイティブ・クラッシュがBacktraceコンソールに表示されないのですか?

受信されていることを確認するために、まずForceCrashを呼び出してみることをお勧めします。

UnityEngine.Diagnostics.Utils.ForceCrash(UnityEngine.Diagnostics.ForcedCrashCategory.Abort);
ForceCrash
また、backtrace-nativeプラグインを使って、強制的にネイティブ・クラッシュさせることもできます。
[DllImport("backtrace-native", EntryPoint = "Crash")]
public static extern void NativeCrash();
NativeCrash DLLImport
これらが受信されていることが確認できたら自分のコードを試してみましょう。

クラッシュが発生しない場合は、Backtraceのコンフィグレーションが正しく設定されているか確認してください。
設定内容はプラットフォームによって若干異なる場合があります。詳細については、READMEファイルをご覧ください。

BacktraceはIL2CPP、ネイティブのクラッシュ、システムクラッシュをサポートしていますか?

はい、サポートしています。詳細については、READMEファイルをご覧ください。

Backtraceはアプリケーションが反応しない(Application not responding/ANR)によるクラッシュをサポートしていますか?

Backtraceには、AndroidとiOSのハングレポートをキャプチャするオプションがあります。オプションを有効にすると、アプリケーションが5秒以上応答しない場合にレポートが生成されます。

ANRのクラッシュレポートのサンプル
詳細については、READMEファイルをご覧ください。

Backtraceはメモリ(Out of Memory/OMM)によるクラッシュをサポートしていますか?

OOMクラッシュがサポートされています。

OOM設定のサンプル
iOSとAndroidでは、設定にOOMクラッシュを有効にするオプションがあります。クラッシュの前に低メモリの状態が追跡され、クラッシュ情報を送信する際に調べられます。
モバイル以外のプラットフォームでは、OOM クラッシュが表示されますが、メモリ警告情報が利用できない場合があり、その場合は ANR クラッシュと同じように表示されます。

OOM(Out of Memory)例外を検索するにはどうすればいいですか?

Android

OOM クラッシュには error.type = crash と、OOM クラッシュであることを示す memory.warning 属性があります。

iOS

OOM クラッシュはerror.type=Low Memoryとなります。

iOS Low Memory

error.typeを検索できない場合は、error.type属性をインデックス化する必要があるかもしれません。詳しくはこちらをご覧ください。

ソースコードの統合

git/p4のソースコードは、mono C#だけでなく、IL2CPPのクラッシュでも統合できますか?

IL2CPPの場合、ソースコードタブにファイルが表示されますが、エラーが発生した行番号が表示されません。

クラッシュしたソースコードの正しいバージョンを使用するにはどうすればいいですか?

Backtraceでは、ソースコードの「バージョン」に変数を入力することができ、エラー時にリンクするソースコードのバージョンをBacktraceが特定できるようになっています。例えば、{application.version}を使用して、バージョン番号を含むgitタグにリンクすることができます。また、コミットハッシュなどのバージョン情報をカスタムBacktrace属性にリンクすることで、コードの正しいバージョンを確実に取得することができます。

この例の設定では、Backtraceはクラッシュレポートのapplication.version属性に一致するgitタグを検索します。

デバッグビューでソースコードファイルが表示されないのはなぜですか?

"Not enough information to locate source code"というメッセージが表示される原因はいくつか考えられます。

  1. コードがゲームリポジトリの外にある。例えば、関数Debug.LogErrorの内部はUnityのコードベースの一部であり、表示されません。
  2. ソースコードのバージョンが利用できない。例えば、ソースコードは「master」にしかアクセスできないが、コードが別のブランチにあったり、チェックインされていなかったりする。
  3. コールスタックに、ファイルの場所を推測するのに十分な情報がない。

サポートをご希望の場合は、support@backtrace.ioにお問い合わせください。その際、ソースコードが表示されていないデバッグ画面のURLをお知らせください。

エラー属性とインデックス

属性の検索ができないのはなぜですか?

属性を検索するにはインデックス化する必要があります。属性をインデックス化する方法については、こちらをご覧ください。

属性をインデックス化しましたが、古いログはまだ検索できません。どうしたらいいですか?

プロジェクト設定の「オブジェクト再処理中」画面から古いエラーログにインデックスを適用することができます。

オブジェクト再処理中画面

Backtraceに収集させたくない属性を無効にすることはできますか?

できます。UnityのデフォルトでBacktraceが収集する属性のリストはこちらをご覧ください。
送信したくない属性がある場合は、data.Annotation.EnvironmentVariables辞書を操作することで、設定を変更することができます。詳しくは、READMEをご覧ください。

エラーレポートのエクスポート

Backtraceは、エラーデータを取得するためのAPIを提供していますか?

Backtraceデータのエクスポートにはいくつかのオプションがあります。

  1. morgueツール
    morgue list --csv=
    とコマンドを実行するとエラーをcsvレポートに取り込むことができます。
  2. Datadog/Circonus/Graphiteなどのツールにデータをエクスポートすることができます。
  3. WebhookにPOSTリクエストでエラーを送信することもできます。

この記事はいかがでしたか?