Unity Pro Tips

アーティスト向け記事一覧

  • ARTIST

    for Pro アドベントカレンダーまとめ

    2019年12月に開催されたアドベントカレンダーの記事をまとめました。 ECS, Addressable Asset System, Tilemapなど、Unityの新機能をご利用する際のコツやヒントがきっと見つかります。また、アーティストの方向けにUnityのシェーダーやレンダリングの事例やコツもあります。 さらに、モバイル向けやAR/VR向けに開発している方向けに役立つ記事もたくさん。

    2020/01/21

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • ARTIST

    プログレッシブライトマッパーの最適化に役立つ8つのヒント

    Unityのライティングシステムに関する予備知識がある開発者やライティングアーティストに向けて、プログレッシブライトマッパーを使ったライティング結果の最適化に役立つ手法として、Unity のライトマッピングの最新情報、パラメーターの最適化、テクセルの効率的な使用、テクセル数の指定、テクセルが不要な場所、シャドウのベイク、ライトプローブの使用、フィルタリング設定のコツ、Lightmap Padding パラメーターの勘所について、Unity のグラフィックスプログラマーである Kuba Cupisz と Tobias Alexander Frankeが具体的に解説します。 ライティングの勉強はこれからという方にも分かりやすい内容で構成していますので、ぜひお読みください。

    2019/10/30

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • ARTIST immerse-ar

    没入感を損なわずに Unityで ARコンテンツを開発するための 3つのテクニック

    ARコンテンツで違和感を感じやすい要素のうち最も没入感を損ないやすい 3つの要素である「現実空間の明るさと合わせる」「現実空間の周辺の風景を映り込ませる」「現実空間の物質の背後に隠れる」ことについて、オブジェクトのライティング、リアルタイムのリフレクション、平面オクルージョンという 3つのテクニックで解決する方法を身に付けることができます。

    2019/10/15

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • ARTIST

    タイムラインが愛される 3 つの理由

    「なじみのある操作性」だけでなく直感的で使いやすいことが特徴のタイムラインには、リアルタイムのスクラブやノンリニア編集(NLE)のワークフローが用意されています。プロシージャルカメラを使った動的ショットのほか、独自のトラックやクリップを作成できる「豊かな拡張性」が用意されています。また、マルチトラックインターフェースからクリップのブレンドや延長、トラックのリピートなどの実質あらゆるゲーム要素の制御が可能となる「優れた効率性」を、Unite Tokyoのセッションや公式ブログの記事などへのリンク先を参照しながら学ぶことができます。

    2019/09/18

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • ARTIST

    Unity UI の最適化に関するヒント

    Canvas を分割する、Camera.main やレイアウトグループの使用を避ける、UI オブジェクトをスマートなやり方でプールするなど、コンテンツに合わせて最適化された UI 要素を作成する方法のヒントをご紹介いたします。 Unity のエンジニア Ian Dundore による素晴らしいセッション「Squeezing Unity: Tips for raising performance」(Unity UI のセクションは 23:38 から始まります、Youtubeの自動翻訳機能で日本語を選ぶことができます)を視聴して、より一層役に立つ情報を見いだしましょう。

    2019/09/02

    • Twitter
    • Facebook
    6+
  • ARTIST

    Unity で AR アプリを作成する際に役立つヒントとリソース

    Unity 開発者は、AR Foundation と、AR Foundation で利用されているソフトウェアアーキテクチャにより、ARCore、ARKit、そして将来的に対応されるプラットフォームのコア機能をサポートする共通の API を使用することが可能になりました。ARCore と ARKit はそれぞれ、プラットフォーム固有の機能と共通の機能を両方提供します。AR Foundation とプラットフォーム固有の SDK を使用すれば、Unity で AR コンテンツを制作するために必要なすべてのものが揃います。また、詳しい学習リソースも豊富に用意されています。

    2019/09/02

    • Twitter
    • Facebook
    9+
  • ARTIST

    Unity で動画(360 度動画や VR も含む)

    Video Player コンポーネントを使用してシーンに動画を配置する方法の手順を説明します。Video Player は、モバイルを含むすべてのプラットフォームで 4k、8k、さらにそれ以上の高画質動画もサポートします。3D や VR のゲームやインタラクティブコンテンツへの 360 度動画の配置も可能です。

    2019/08/19

    • Twitter
    • Facebook
    5+
  • ARTIST

    最高の AR 体験を作成する秘訣

    ハンドヘルド AR を扱う場合に役立つヒントやコツ、AR 体験を作成する際に留意すべきデザインやユーザー体験のポイントなどを紹介します。

    2019/07/28

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • ARTIST

    Cinemachine を使ってカメラを設定しましょう

    Cinemachine は、Unity 2017 サイクル以降、Unity における事実上の標準カメラシステムになりました。その裏には、たくさんのオプションや可能性を持った、洗練されたシステムがあります。Unity のテクニカルエバンジェリストである Ciro Continisio による、Cinemachine の上級者向けユースケースやヒントを紹介します。

    2019/07/28

    • Twitter
    • Facebook
    4+
  • ARTIST

    Animator Controllerに関する5つのヒント

    Will Armstrong からのアニメーターコントローラー (Animator Controller) に関する 5 つのテクニックをご紹介いたします。キャラクターのアニメーターコントローラーを作成することでスクリプトで作業するのと同じように、開発サイクル全体で効率よいアニメーションの再利用、拡張、そして動作を安定するようにしたり、さらにデバッグもできるようにするためのヒントを得ることができます。スクリーンショットはすべて、『Firewatch』に出てくるキャラクター Henry のアニメーションを引用しています。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    4+