Search Unity

アーティスト向け記事一覧

  • UNITY OFFICIAL

    Google’s ARCore Depth API

    Unity の AR Foundation 4.1 では、Google の新しい ARCore Depth API がサポートされています。この機能が追加されたことで、AR Foundation の開発者は、デジタルコンテンツと物理的な世界をこれまで以上にリアルに融合させた体験を提供できるようになりました。この新機能についてご紹介します。

    2020/12/22

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    AR Foundation が ARKit 4 Depthをサポート

    Apple の新しい iPad Pro には LiDAR スキャナーが搭載されています。シーン理解と実世界の奥行き情報の取得が強化されたことで、拡張現実(AR)体験がもたらす現実感のレベルがさらに向上しました。Unity では、AR Foundation を拡張し、この新しい深度データとシーンジオメトリを導入した、ARKit 3.5 と ARKit 4 の新機能を追加しました。これらについてご紹介します。

    2020/12/22

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL

    コンソールゲームのグラフィックスを最適化する 10 のヒント

    コンソールゲームの高速な動作を確保するためのグラフィックス最適化のヒント。この最適化は 30fps(フレーム/秒)で、スムーズなパフォーマンスを確実にするのが特に難しいシーンに行われました。Unite での講演でこれらのヒントを提供してくれた、Unity のコンソールグラフィックス開発者である Rob Thompson に感謝します。

    2020/09/23

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • UNITY OFFICIAL

    Unity での VR とモバイル AR のグラフィックスに関するベストプラクティス

    バーチャルリアリティ(VR)と拡張現実(AR)のグラフィックスを制作するための Unity のツールとワークフローは進化し続けています。XR エバンジェリストの Dan Miller が、ハイエンド VR とモバイル AR 向けの高パフォーマンスなグラフィックスを制作する方法に関する最新のベストプラクティスを紹介します。

    2020/06/24

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL

    シェーダーグラフの新機能

    この記事で学べる内容:シェーダーを視覚的に構築してリアルタイムで結果を確認することでシェーダーを簡単にオーサリングできる、Unity のシェーダーグラフの新機能とお勧めのワークフローについて説明します。Unite Copenhagen 2019 でのテクニカルエバンジェリスト Ciro Continisio による講演をベースとしています。

    2020/05/26

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • UNITY OFFICIAL

    美しい VFX をリアルタイムで制作

    Unity で炎、煙、ホログラムなどの映画のようなエフェクトを実現することに興味をお持ちですか?Unity の Visual Effect Graph のノードベースのワークフローエフェクトと適応性のある機能を使用して、美しい VFX をリアルタイムで作成する方法について説明します。この記事は、Unity のリードグラフィックステストエンジニアである Vlad Neykov が進行役を務めた Unite Copenhagen 2019 のセッションをベースとしています。  Unity では、Visual Effect Graph の検証済みの機能とワークフローをすべて網羅したブログ記事を最近公開しました。Visual Effect Graph のアーキテクチャに関するヒントや、VFX を Magic Book のデモにどのように活用したかについて詳細をお確かめください。

    2020/05/26

    • Twitter
    • Facebook
    3+
  • UNITY OFFICIAL

    HD レンダーパイプライン(HDRP)を使ったゲーム制作

    HD レンダーパイプライン(HDRP)を使用すべき場合を見定め、さらに HDRP を使って制作を始める方法を学びます。この記事は、Unite Copenhagen 2019 の Jennifer S. Roig-Deslandes によるセッションに基づいています。

    2020/05/14

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • UNITY OFFICIAL

    Unity と Autodesk の効率的な連携方法

    Autodesk のアプリケーションと Unity の間でジオメトリを効率的にやり取りするためのアドバイス。Autodesk との独占的なパートナーシップに基づいて、Unity ではアーティスト向けに FBX Importer/Exporter を介した直観的なワークフローを提供しています。この記事のトピックとして、Scripted Importer、Timeline の統合とアニメーション、ライトとカメラに対応する Exporter、ノード名のリマップなどを取り上げます。

    2020/03/18

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • UNITY OFFICIAL

    for Pro アドベントカレンダーまとめ

    2019年12月に開催されたアドベントカレンダーの記事をまとめました。 ECS, Addressable Asset System, Tilemapなど、Unityの新機能をご利用する際のコツやヒントがきっと見つかります。また、アーティストの方向けにUnityのシェーダーやレンダリングの事例やコツもあります。 さらに、モバイル向けやAR/VR向けに開発している方向けに役立つ記事もたくさん。

    2020/01/21

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL

    プログレッシブライトマッパーの最適化に役立つ8つのヒント

    Unityのライティングシステムに関する予備知識がある開発者やライティングアーティストに向けて、プログレッシブライトマッパーを使ったライティング結果の最適化に役立つ手法として、Unity のライトマッピングの最新情報、パラメーターの最適化、テクセルの効率的な使用、テクセル数の指定、テクセルが不要な場所、シャドウのベイク、ライトプローブの使用、フィルタリング設定のコツ、Lightmap Padding パラメーターの勘所について、Unity のグラフィックスプログラマーである Kuba Cupisz と Tobias Alexander Frankeが具体的に解説します。 ライティングの勉強はこれからという方にも分かりやすい内容で構成していますので、ぜひお読みください。

    2019/10/30

    • Twitter
    • Facebook
    2+