Unity Pro Tips

アーティスト向け記事一覧

  • ARTIST

    Unity で動画(360 度動画や VR も含む)

    Video Player コンポーネントを使用してシーンに動画を配置する方法の手順を説明します。Video Player は、モバイルを含むすべてのプラットフォームで 4k、8k、さらにそれ以上の高画質動画もサポートします。3D や VR のゲームやインタラクティブコンテンツへの 360 度動画の配置も可能です。

    2019/08/19

    • Twitter
    • Facebook
    5+
  • ARTIST

    最高の AR 体験を作成する秘訣

    ハンドヘルド AR を扱う場合に役立つヒントやコツ、AR 体験を作成する際に留意すべきデザインやユーザー体験のポイントなどを紹介します。

    2019/07/28

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • ARTIST

    Cinemachine を使ってカメラを設定しましょう

    Cinemachine は、Unity 2017 サイクル以降、Unity における事実上の標準カメラシステムになりました。その裏には、たくさんのオプションや可能性を持った、洗練されたシステムがあります。Unity のテクニカルエバンジェリストである Ciro Continisio による、Cinemachine の上級者向けユースケースやヒントを紹介します。

    2019/07/28

    • Twitter
    • Facebook
    4+
  • ARTIST

    Animator Controllerに関する5つのヒント

    Will Armstrong からのアニメーターコントローラー (Animator Controller) に関する 5 つのテクニックをご紹介いたします。キャラクターのアニメーターコントローラーを作成することでスクリプトで作業するのと同じように、開発サイクル全体で効率よいアニメーションの再利用、拡張、そして動作を安定するようにしたり、さらにデバッグもできるようにするためのヒントを得ることができます。スクリーンショットはすべて、『Firewatch』に出てくるキャラクター Henry のアニメーションを引用しています。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    4+
  • ARTIST

    Unityのハイエンドグラフィックス。ベストプラクティスとヒント

    Unity のスクリプタブルレンダーパイプラインの中核部分にあるリソースに関する概要 HDRP(HD レンダーパイプライン)と LWRP(ライトウェイトレンダーパイプライン)で構成される SRP(スクリプタブルレンダーパイプライン)は、Unity で使用する最も重要なシステムの 1 つです。SRP を使用すると、C# スクリプトを介してレンダリングを制御および調整できます。 このようにして、レンダーパイプラインをわずかに修正したり、完全に構築またはカスタマイズして、あらゆるプラットフォーム向けに見る人を惹きつける魅力的なインタラクティブコンテンツを作成することができます。 読んで、学んで、美しく。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • ARTIST

    ProBuilderを使用してデザイン、プロトタイプ作成、テストを高速化

    Unity のエバンジェリスト Liz Mercuri と Coatsink のリードデザイナー Jonathan Wilson 氏が ProBuilder の主要な機能について簡単に説明します。ProBuilder を使用したホワイトボックス作業、PolyGrids ツールと PolyShape ツール、カラーコーディングによるチームの作業効率化などに関するヒントを取り上げます。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • ARTIST

    ポストプロセッシングスタックで華やかなエフェクトを実現

    Unity のアーティストにとって重要なツールセットの 1 つである ポストプロセッシングスタック の最新の更新について簡単に内容を説明します。また、スタックのスキルを向上させる追加リソースを 3 つについても紹介いたします。 ポストプロセッシングとは、画面への表出前にカメラのイメージバッファに対して全画面のフィルターやエフェクトを適用するプロセスです。エフェクトは物理カメラとフィルムのプロパティをシミュレートするため、コーディングやセットアップの時間はほとんど必要とすることなくコンテンツのビジュアルクオリティーを大幅に向上することができます。

    2019/07/26

    • Twitter
    • Facebook
    3+