Unity Pro Tips

開発者向け記事一覧

  • DEVELOPER

    Unityのパフォーマンスの最適化に関するベストプラクティス

    データ指向設計に対応するよう進化した Unity のアーキテクチャを受けて更新されたスクリプティングパフォーマンスと最適化に関するヒントを Ian Dundore が紹介します。  進化しつづける Unity。これまでのやり方は、今やゲームエンジンのパフォーマンスをフルに発揮するには最適なものではなくなっているかもしれません。この記事では、Unity(Unity 5.x から Unity 2019.x まで)の変更点の概要と、それらをどう利用できるかという点について説明します。

    2020/06/24

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Addressables を使用してコンテンツ管理を簡略化する

    Addressable Asset System によって、編集時や実行時のコンテンツ管理を簡素化し、ゲームの初期リリースと更新リリースをよりスムーズで簡単する方法について説明します。この記事は、ライブコンテンツチームのBill Ramsourが Unite Copenhagen 2019 で行った発表に基づくものです。

    2020/06/09

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Unity Test Framework を使用してゲームコードをテストする

    Unity Test Framework(UTF)を使用してプロジェクトの QA を実行する方法についてのヒント。UTF は品質保証のために最も重要なツールの 1 つです。エディターとサポートされているプラットフォームの両方で自動化されたテストを実行できます。また、Unity ユーザーなら誰でもご利用いただけます。   新しい Test Runner API は、UTF により優れた柔軟性と拡張性をもたらし、テストに関わるほとんどのニーズを満たします。Unity パッケージマネージャーから入手できるため、バグ修正プログラムや新しい更新プログラムを迅速に届けることができます。これは、UTF のソースコードにローカルでアクセスできることも意味します。ソースコードを確認し、デバッグ時にステップ実行して、それを変更できます。   全体像を確認するには、Unity のツール/テスト開発者である Richard Fine と Christian Warnecke による Unite Copenhagen の UTF に関するセッションをご覧ください。

    2020/06/09

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • ARTIST

    シェーダーグラフの新機能

    この記事で学べる内容:シェーダーを視覚的に構築してリアルタイムで結果を確認することでシェーダーを簡単にオーサリングできる、Unity のシェーダーグラフの新機能とお勧めのワークフローについて説明します。Unite Copenhagen 2019 でのテクニカルエバンジェリスト Ciro Continisio による講演をベースとしています。

    2020/05/26

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    DOTSの実装例をご紹介

    様々なハードウェアで最高のパフォーマンスを実現するために、DOTS(Data-Oriented Technology Stack)によって Unity のコアとなる基盤を再構築しています。今回はDOTSでゲーム「Pong」の実装をご紹介します。

    2020/05/14

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Profile Analyzer でゲームを最適化

    このページで学ぶ内容:Unity の Profile Analyzer を使用して、アセットやコードの変更、最適化のための作業、設定の変更、Unity のバージョンのアップグレードの影響を確認する方法について学びます。この記事は、Unite Copenhagen 2019 の Lyndon Homewood によるセッションをベースとしています。

    2020/04/16

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • DEVELOPER

    バグが少ない安定したゲームを構築するためのベストプラクティス

    安定して柔軟なビルドを維持し、時間やコストを節約するためのヒント。バージョン管理を使用する方法、変更リストを活用する方法、チート機能をクリーンアップする方法、バグを追跡する方法などについてアドバイスを提供します。 長きにわたり、かなり大規模なチームで大型タイトルをリリースしている AAA スタジオというものは、扱っている作品をきちんと管理し、いかにクリーンで安定したビルドで保つかというノウハウも把握しています。MetalPop Games の Sascha Gundlach 氏が、独立系開発者が自身のインディーゲーム作品に AAA タイトルで行われているアプローチをどう適用することができるのか、その要点を説明しています。  ビルドをクリーンに保てば、何かを変更したり追加したりも容易く、デバッグ機能を維持するのも簡単です。全体としてゲーム開発がスピードアップし、なにより効率的に進められるようになります。

    2020/03/31

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Unity で JetBrains Rider をコードエディターとして使用するためのヒント

    JetBrains Rider を使用して、効率的に Unity プロジェクトのコードを編集するためのヒント。JetBrains の IDE である Rider はクロスプラットフォームの C# スクリプトエディターです。Unity 開発者向けに豊富な機能が備わっております。こちらのアドバイスを活用し、JetBrains の Matt Ellis 氏によるこちらの Unite セッションからさらに詳しいガイダンスを入手できます。 

    2020/03/31

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • ARTIST

    Unity と Autodesk の効率的な連携方法

    Autodesk のアプリケーションと Unity の間でジオメトリを効率的にやり取りするためのアドバイス。Autodesk との独占的なパートナーシップに基づいて、Unity ではアーティスト向けに FBX Importer/Exporter を介した直観的なワークフローを提供しています。この記事のトピックとして、Scripted Importer、Timeline の統合とアニメーション、ライトとカメラに対応する Exporter、ノード名のリマップなどを取り上げます。

    2020/03/18

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Unity でコーディングするときに Visual Studio ツールを最適化するためのヒント

    Unity プロジェクトのコードエディターとして Microsoft Visual Studio または Visual Studio for Mac を使用するときに生産性を高めるために活用できる便利なヒント。Visual Studio と Visual Studio for Mac には、Unity API メッセージの IntelliSense サポート、デバッグ機能や調査機能、Unity プロジェクトエクスプローラー、「アタッチして再生」など、Unity で使用できる一連のツールが用意されています。Unite Copenhagen のセッションにてこれらのヒントを提供してくださった Microsoft の John Miller 氏に感謝を述べたいと思います。

    2020/03/18

    • Twitter
    • Facebook
    0