Unity Pro Tips

開発者向け記事一覧

  • ARTIST

    Plastic SCM Gluon 日常的に使う人向けガイド

    Plastic SCMは、開発者やアーティストがパフォーマンスや分岐・マージ機能に妥協することなく、迅速かつ共同作業を可能にするワークフローを実現します。 Gluonはアーティストやプログラマーではない人でもソース管理を簡単に行えるように設計された、Plastic SCMと連携するためのUIです。 このガイドでは、Gluonのセットアップ方法と、基本的な機能について説明します。

    2021/03/17

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Unity Build Serverクイックスタートガイド

    Unity Build Serverは、バッチモードでビルドだけが実行できるように設計し、かつ、フローティングライセンスで運用できるようにしながら、機能を制限した分だけお得にご利用できるサービスです。 CI環境で専用のビルドマシンを複数台運用している方におすすめします。 ビルドマシンでUnity Build Serverライセンスを使用するためには、ライセンスを発行する、独自のライセンスサーバーを用意する必要があります。 このガイドでは、そのライセンスサーバーの設定を行います。

    2021/03/17

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    AR Foundationと Unity MARS

    Unity は、あらゆる環境にインテリジェントに適応し、デバイスをまたいで動作する、深くインタラクティブな拡張現実(AR)体験を構築できるようにするツールをクリエイターに提供しています。AR Foundation と Unity MARS がどのように連携して、デジタルと現実世界の境界線をあいまいにする AR 体験の作成を可能にするかをご紹介します。

    2021/01/22

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • ARTIST

    Unity MARS の Simulation システム

    Unity MARS の Simulation システムは、拡張現実(AR)アプリ開発のテスト時間を短縮します。このシステムは、再生モードと編集モードの両方で、Unity Editor で平面や画像マーカーの検出など、世界を理解する機能を提供します。本記事では、このシステムの詳細と、クリエイターがこれを使用してコンテキストに適応した AR 体験を迅速に反復作成する方法をご紹介します

    2021/01/21

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • ARTIST

    Google’s ARCore Depth API

    Unity の AR Foundation 4.1 では、Google の新しい ARCore Depth API がサポートされています。この機能が追加されたことで、AR Foundation の開発者は、デジタルコンテンツと物理的な世界をこれまで以上にリアルに融合させた体験を提供できるようになりました。この新機能についてご紹介します。

    2020/12/22

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • ARTIST

    AR Foundation が ARKit 4 Depthをサポート

    Apple の新しい iPad Pro には LiDAR スキャナーが搭載されています。シーン理解と実世界の奥行き情報の取得が強化されたことで、拡張現実(AR)体験がもたらす現実感のレベルがさらに向上しました。Unity では、AR Foundation を拡張し、この新しい深度データとシーンジオメトリを導入した、ARKit 3.5 と ARKit 4 の新機能を追加しました。これらについてご紹介します。

    2020/12/22

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Unity を使用したコンソールビデオゲームの開発に関するヒント

    PlayStation、Microsoft Xbox One、Nintendo Switch 用のゲームを制作するための開発環境をセットアップするためのヒント。 Unity を使用して開発しているインディーチームは、現在ひときわ勢いのあるコンソールゲーム界の屋台骨ともいえる存在です。この記事を読み、開発環境をセットアップする方法、パフォーマンスをプロファイリングおよび最適化する方法、ゲームコンテンツを整理およびデバッグする方法などについて学んでいきましょう。これらのヒントは Unity の Xbox One 向け開発者である Oli Williams によって提供されたものです。

    2020/10/06

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • ARTIST

    コンソールゲームのグラフィックスを最適化する 10 のヒント

    コンソールゲームの高速な動作を確保するためのグラフィックス最適化のヒント。この最適化は 30fps(フレーム/秒)で、スムーズなパフォーマンスを確実にするのが特に難しいシーンに行われました。Unite での講演でこれらのヒントを提供してくれた、Unity のコンソールグラフィックス開発者である Rob Thompson に感謝します。

    2020/09/23

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Unityのパフォーマンスの最適化に関するベストプラクティス

    データ指向設計に対応するよう進化した Unity のアーキテクチャを受けて更新されたスクリプティングパフォーマンスと最適化に関するヒントを Ian Dundore が紹介します。  進化しつづける Unity。これまでのやり方は、今やゲームエンジンのパフォーマンスをフルに発揮するには最適なものではなくなっているかもしれません。この記事では、Unity(Unity 5.x から Unity 2019.x まで)の変更点の概要と、それらをどう利用できるかという点について説明します。

    2020/06/24

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Addressables を使用してコンテンツ管理を簡略化する

    Addressable Asset System によって、編集時や実行時のコンテンツ管理を簡素化し、ゲームの初期リリースと更新リリースをよりスムーズで簡単する方法について説明します。この記事は、ライブコンテンツチームのBill Ramsourが Unite Copenhagen 2019 で行った発表に基づくものです。

    2020/06/09

    • Twitter
    • Facebook
    0