Unity Pro Tips

開発者向け記事一覧

  • ARTIST

    シェーダーグラフの新機能

    この記事で学べる内容:シェーダーを視覚的に構築してリアルタイムで結果を確認することでシェーダーを簡単にオーサリングできる、Unity のシェーダーグラフの新機能とお勧めのワークフローについて説明します。Unite Copenhagen 2019 でのテクニカルエバンジェリスト Ciro Continisio による講演をベースとしています。

    2020/05/26

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    DOTSの実装例をご紹介

    様々なハードウェアで最高のパフォーマンスを実現するために、DOTS(Data-Oriented Technology Stack)によって Unity のコアとなる基盤を再構築しています。今回はDOTSでゲーム「Pong」の実装をご紹介します。

    2020/05/14

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Profile Analyzer でゲームを最適化

    このページで学ぶ内容:Unity の Profile Analyzer を使用して、アセットやコードの変更、最適化のための作業、設定の変更、Unity のバージョンのアップグレードの影響を確認する方法について学びます。この記事は、Unite Copenhagen 2019 の Lyndon Homewood によるセッションをベースとしています。

    2020/04/16

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • DEVELOPER

    バグが少ない安定したゲームを構築するためのベストプラクティス

    安定して柔軟なビルドを維持し、時間やコストを節約するためのヒント。バージョン管理を使用する方法、変更リストを活用する方法、チート機能をクリーンアップする方法、バグを追跡する方法などについてアドバイスを提供します。 長きにわたり、かなり大規模なチームで大型タイトルをリリースしている AAA スタジオというものは、扱っている作品をきちんと管理し、いかにクリーンで安定したビルドで保つかというノウハウも把握しています。MetalPop Games の Sascha Gundlach 氏が、独立系開発者が自身のインディーゲーム作品に AAA タイトルで行われているアプローチをどう適用することができるのか、その要点を説明しています。  ビルドをクリーンに保てば、何かを変更したり追加したりも容易く、デバッグ機能を維持するのも簡単です。全体としてゲーム開発がスピードアップし、なにより効率的に進められるようになります。

    2020/03/31

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Unity で JetBrains Rider をコードエディターとして使用するためのヒント

    JetBrains Rider を使用して、効率的に Unity プロジェクトのコードを編集するためのヒント。JetBrains の IDE である Rider はクロスプラットフォームの C# スクリプトエディターです。Unity 開発者向けに豊富な機能が備わっております。こちらのアドバイスを活用し、JetBrains の Matt Ellis 氏によるこちらの Unite セッションからさらに詳しいガイダンスを入手できます。 

    2020/03/31

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • ARTIST

    Unity と Autodesk の効率的な連携方法

    Autodesk のアプリケーションと Unity の間でジオメトリを効率的にやり取りするためのアドバイス。Autodesk との独占的なパートナーシップに基づいて、Unity ではアーティスト向けに FBX Importer/Exporter を介した直観的なワークフローを提供しています。この記事のトピックとして、Scripted Importer、Timeline の統合とアニメーション、ライトとカメラに対応する Exporter、ノード名のリマップなどを取り上げます。

    2020/03/18

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • DEVELOPER

    Unity でコーディングするときに Visual Studio ツールを最適化するためのヒント

    Unity プロジェクトのコードエディターとして Microsoft Visual Studio または Visual Studio for Mac を使用するときに生産性を高めるために活用できる便利なヒント。Visual Studio と Visual Studio for Mac には、Unity API メッセージの IntelliSense サポート、デバッグ機能や調査機能、Unity プロジェクトエクスプローラー、「アタッチして再生」など、Unity で使用できる一連のツールが用意されています。Unite Copenhagen のセッションにてこれらのヒントを提供してくださった Microsoft の John Miller 氏に感謝を述べたいと思います。

    2020/03/18

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • ARTIST

    for Pro アドベントカレンダーまとめ

    2019年12月に開催されたアドベントカレンダーの記事をまとめました。 ECS, Addressable Asset System, Tilemapなど、Unityの新機能をご利用する際のコツやヒントがきっと見つかります。また、アーティストの方向けにUnityのシェーダーやレンダリングの事例やコツもあります。 さらに、モバイル向けやAR/VR向けに開発している方向けに役立つ記事もたくさん。

    2020/01/21

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • DEVELOPER

    Unity2018とUnity2019での最適化に効く10のアップデートと12の新機能

    Unite Tokyoや Unity道場をはじめとした数多くのセミナーで最適化についての講演を行なっている、弊社ディベロッパーリレーションマネージャー・エンジニアである黒河優介が CEDEC2019で行った「Unity2018/2019における最適化事情」の講演で紹介された「Unity Profilerのアップデート」「Profiling関連の Packageアップデート」「既存機能のアップデートで最適化されたAPI」「描画系の新機能」「描画系以外の新機能」の概要をご紹介します。 本講演はアーカイブ動画と講演スライドが公開されておりますので、ぜひご参照ください。

    2019/12/17

    • Twitter
    • Facebook
    3+
  • DEVELOPER

    第一線で活躍中のプロが語る、シンプルで普遍的なゲーム設計のヒント

    このページでは「ゲーム成功の重要なカギ」であるプレイヤーをゲームに惹きつけて離さない効果的なゲーム設計の重要なコンセプトである「フローとシンプルさ」、数多のゲームがあつまるゲーム市場で成功するためのカギである「ゲームを目立たせるコツ」、VR体験向けの印象的なナラティブを創り出して「VR ストーリーとプレイヤーのエンゲージメントを改善する方法」を学ぶことができます。

    2019/12/03

    • Twitter
    • Facebook
    1+