Unity Pro Tips

Unity Pro Tips一覧

  • DEVELOPER

    XRグラフィックスのベストプラクティスと課題対策

    シェーダーの最適化やポストプロセッシングスタックを最も効率的に使用する方法についてのたくさんのヒントを紹介します。この記事は、すでに Unity を使ってプログラムを作成した経験があり、現在 XR(あるいは VR や AR)を開発しているか、今後開発する予定のある方に役立ちます。 現在 Unity では、マルチパス、シングルパス、最近リリースしたシングルパスインスタンシング、Android シングルパス(シングルパスインスタンシングに類似)という、XR 向けの 4 つのレンダリング方法がサポートされています。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • ARTIST

    Unityのハイエンドグラフィックス。ベストプラクティスとヒント

    Unity のスクリプタブルレンダーパイプラインの中核部分にあるリソースに関する概要 HDRP(HD レンダーパイプライン)と LWRP(ライトウェイトレンダーパイプライン)で構成される SRP(スクリプタブルレンダーパイプライン)は、Unity で使用する最も重要なシステムの 1 つです。SRP を使用すると、C# スクリプトを介してレンダリングを制御および調整できます。 このようにして、レンダーパイプラインをわずかに修正したり、完全に構築またはカスタマイズして、あらゆるプラットフォーム向けに見る人を惹きつける魅力的なインタラクティブコンテンツを作成することができます。 読んで、学んで、美しく。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • DEVELOPER

    ゲーム構築を劇的にスマートにする Scriptable Objectの 3つの活用方法

    様々な手段を駆使して膨大なデータを管理する必要はありません。Scriptable Objectという Unity独自のクラスを使えば、Unityがシリアライズしたデータをアセットとして格納できるので、よりシンプルに、より手軽に、ゲーム全体の管理や変更を行えるようになります。 これらのヒントは、Schell Games の主席エンジニアである Ryan Hipple 氏によって提供されました。Hipple 氏は Scriptable Object を使用してゲームを開発した経験を豊富に持っています。Scriptable Object に関する Hipple 氏の Unite でのセッションは、こちらでご覧いただけます。また、Unity エンジニアの Richard Fine による Scriptable Object をわかりやすく紹介したセッションをご覧になることもお勧めします。Ryan さん、ありがとうございました!

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • ARTIST

    ProBuilderを使用してデザイン、プロトタイプ作成、テストを高速化

    Unity のエバンジェリスト Liz Mercuri と Coatsink のリードデザイナー Jonathan Wilson 氏が ProBuilder の主要な機能について簡単に説明します。ProBuilder を使用したホワイトボックス作業、PolyGrids ツールと PolyShape ツール、カラーコーディングによるチームの作業効率化などに関するヒントを取り上げます。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • DEVELOPER

    スクリプトの問題解決やアーキテクチャー構築に役立つヒント

    Unity でのスクリプティング体験を向上させるために Richard Fine のヒントから特に重要なものを 3 つ説明します。開発の効率性をさらに向上させるため、以下のヒントに従って手間を減らしスピードアップを図りましょう! 開発者であるRichard は、Unity コミュニティに多くの時間を費やして、多くのユーザーのスクリプティングを改良する手助けをしてきました。ここでは、デバッガーの効果的な使い方、ScriptableObject クラスの「革新的」な力、そしていつプロジェクトを最適化するべきかについてアドバイスをしていきます。

    2019/07/26

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • ARTIST

    ラウンドトリップを簡単にし、時間を節約する

    Autodesk アプリケーションと Unity 間のジオメトリの効率的なラウンドトリップのポインターについて説明しています。トピックとしては Scripted Importer、タイムラインの統合とアニメーション、ライトとカメラのエクスポーター、ノード名のリマップなどを取り上げます。 Autodesk との独占的提携に基づいて、Unity は FBX インポーター/エクスポーターを使ってアーティストのワークフローを大幅に改善してきました。ここでは、ユーザーがアーティストフレンドリーなインターフェースを使ってジオメトリのラウンドトリップを行い、変更を非破壊ワークフローに融合することを可能にした最新の改善点をいくつか取り上げています。

    2019/07/26

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • DEVELOPER

    Unity を手早く操作する

    時間節約になる数々のショートカットについて説明しています。 Unity を使用したゲーム開発の経験豊かな InnoGames の Yilmaz Kiymaz 氏が、開発をスピードアップするための選りすぐりのヒントをご紹介いたします。メニュー項目のショートカット、ワークフローを自動化する方法、演算時間を減らす方法などを取り上げています。Yilmazさん、よろしくお願いします!

    2019/07/26

    • Twitter
    • Facebook
    3+
  • ARTIST

    ポストプロセッシングスタックで華やかなエフェクトを実現

    Unity のアーティストにとって重要なツールセットの 1 つである ポストプロセッシングスタック の最新の更新について簡単に内容を説明します。また、スタックのスキルを向上させる追加リソースを 3 つについても紹介いたします。 ポストプロセッシングとは、画面への表出前にカメラのイメージバッファに対して全画面のフィルターやエフェクトを適用するプロセスです。エフェクトは物理カメラとフィルムのプロパティをシミュレートするため、コーディングやセットアップの時間はほとんど必要とすることなくコンテンツのビジュアルクオリティーを大幅に向上することができます。

    2019/07/26

    • Twitter
    • Facebook
    3+
  • DEVELOPER

    開発段階別にみるパフォーマンスに悪影響を及ぼすミスとその回避策

    Unityのフィールドエンジニアである Valentin Simonov がこれまでのユーザー支援で見て来た、Unityでの開発時にやってしまいがちなパフォーマンスに悪影響を及ぼすよくあるミスとその解決策を7つの開発段階別に合計41ピックアップして紹介します。解決策は開発パイプラインの効率化や負荷の軽減、フレームレートの改善を通じてプロジェクトの最適化に繋がりますので、パフォーマンスに優れたコンテンツをリリースすることができるようになります。開発中にガイドとして繰り返しご参照ください。

    2019/07/25

    • Twitter
    • Facebook
    2+