Unity Pro Tips

Unity Pro Tips一覧

  • ARTIST

    タイムラインが愛される 3 つの理由

    「なじみのある操作性」だけでなく直感的で使いやすいことが特徴のタイムラインには、リアルタイムのスクラブやノンリニア編集(NLE)のワークフローが用意されています。プロシージャルカメラを使った動的ショットのほか、独自のトラックやクリップを作成できる「豊かな拡張性」が用意されています。また、マルチトラックインターフェースからクリップのブレンドや延長、トラックのリピートなどの実質あらゆるゲーム要素の制御が可能となる「優れた効率性」を、Unite Tokyoのセッションや公式ブログの記事などへのリンク先を参照しながら学ぶことができます。

    2019/09/18

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • ARTIST

    Unity UI の最適化に関するヒント

    Canvas を分割する、Camera.main やレイアウトグループの使用を避ける、UI オブジェクトをスマートなやり方でプールするなど、コンテンツに合わせて最適化された UI 要素を作成する方法のヒントをご紹介いたします。 Unity のエンジニア Ian Dundore による素晴らしいセッション「Squeezing Unity: Tips for raising performance」(Unity UI のセクションは 23:38 から始まります、Youtubeの自動翻訳機能で日本語を選ぶことができます)を視聴して、より一層役に立つ情報を見いだしましょう。

    2019/09/02

    • Twitter
    • Facebook
    6+
  • ARTIST

    Unity で AR アプリを作成する際に役立つヒントとリソース

    Unity 開発者は、AR Foundation と、AR Foundation で利用されているソフトウェアアーキテクチャにより、ARCore、ARKit、そして将来的に対応されるプラットフォームのコア機能をサポートする共通の API を使用することが可能になりました。ARCore と ARKit はそれぞれ、プラットフォーム固有の機能と共通の機能を両方提供します。AR Foundation とプラットフォーム固有の SDK を使用すれば、Unity で AR コンテンツを制作するために必要なすべてのものが揃います。また、詳しい学習リソースも豊富に用意されています。

    2019/09/02

    • Twitter
    • Facebook
    9+
  • DEVELOPER

    あなたのゲームを成功させるには? ローンチ前、ローンチ中、ローンチ後のプレイヤーの行動を知る

    Unity の Live-Ops Analytics のツールセットは、多面的かつ実用的なインサイトを提供します(例えば、最も人気が多いレベルや人気のないレベル、プレイヤーが課金するとき、どこでスタックするか、どのようにゲームオーバーになったかなど)。とても使いやすく、継続的にゲームを改善するのに役立ちます。

    2019/08/29

    • Twitter
    • Facebook
    4+
  • ARTIST

    Unity で動画(360 度動画や VR も含む)

    Video Player コンポーネントを使用してシーンに動画を配置する方法の手順を説明します。Video Player は、モバイルを含むすべてのプラットフォームで 4k、8k、さらにそれ以上の高画質動画もサポートします。3D や VR のゲームやインタラクティブコンテンツへの 360 度動画の配置も可能です。

    2019/08/19

    • Twitter
    • Facebook
    5+
  • ARTIST

    最高の AR 体験を作成する秘訣

    ハンドヘルド AR を扱う場合に役立つヒントやコツ、AR 体験を作成する際に留意すべきデザインやユーザー体験のポイントなどを紹介します。

    2019/07/28

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • ARTIST

    Cinemachine を使ってカメラを設定しましょう

    Cinemachine は、Unity 2017 サイクル以降、Unity における事実上の標準カメラシステムになりました。その裏には、たくさんのオプションや可能性を持った、洗練されたシステムがあります。Unity のテクニカルエバンジェリストである Ciro Continisio による、Cinemachine の上級者向けユースケースやヒントを紹介します。

    2019/07/28

    • Twitter
    • Facebook
    4+
  • DEVELOPER

    モバイル端末でライトをベイクしたプレハブを使う

    MetalPop Games 社のソフトウェアエンジニア Michelle Martin 氏が、どうやって新しいモバイルストラテジーゲーム『Galactic Colonies』をすそ野の広いモバイル端末向けに最適化して、潜在的プレイヤーへのリーチ範囲を最大限に広げたかをご説明します。 MetalPop Games 社はフレームレートが落ちたりデバイスが過熱することなく、プレイヤーがローエンドデバイスで巨大都市を構築可能なゲームを作るという課題に取り組んでいました。優美なビジュアルと安定したパフォーマンスのバランスをどのように取ったのかをご覧ください。

    2019/07/28

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • ARTIST

    Animator Controllerに関する5つのヒント

    Will Armstrong からのアニメーターコントローラー (Animator Controller) に関する 5 つのテクニックをご紹介いたします。キャラクターのアニメーターコントローラーを作成することでスクリプトで作業するのと同じように、開発サイクル全体で効率よいアニメーションの再利用、拡張、そして動作を安定するようにしたり、さらにデバッグもできるようにするためのヒントを得ることができます。スクリーンショットはすべて、『Firewatch』に出てくるキャラクター Henry のアニメーションを引用しています。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    4+
  • DEVELOPER

    XRグラフィックスのベストプラクティスと課題対策

    シェーダーの最適化やポストプロセッシングスタックを最も効率的に使用する方法についてのたくさんのヒントを紹介します。この記事は、すでに Unity を使ってプログラムを作成した経験があり、現在 XR(あるいは VR や AR)を開発しているか、今後開発する予定のある方に役立ちます。 現在 Unity では、マルチパス、シングルパス、最近リリースしたシングルパスインスタンシング、Android シングルパス(シングルパスインスタンシングに類似)という、XR 向けの 4 つのレンダリング方法がサポートされています。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    2+