Search Unity

アーティスト向け一覧

  • UNITY OFFICIAL

    XRグラフィックスのベストプラクティスと課題対策

    シェーダーの最適化やポストプロセッシングスタックを最も効率的に使用する方法についてのたくさんのヒントを紹介します。この記事は、すでに Unity を使ってプログラムを作成した経験があり、現在 XR(あるいは VR や AR)を開発しているか、今後開発する予定のある方に役立ちます。 現在 Unity では、マルチパス、シングルパス、最近リリースしたシングルパスインスタンシング、Android シングルパス(シングルパスインスタンシングに類似)という、XR 向けの 4 つのレンダリング方法がサポートされています。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    Unityのハイエンドグラフィックス。ベストプラクティスとヒント

    Unity のスクリプタブルレンダーパイプラインの中核部分にあるリソースに関する概要 HDRP(HD レンダーパイプライン)と LWRP(ライトウェイトレンダーパイプライン)で構成される SRP(スクリプタブルレンダーパイプライン)は、Unity で使用する最も重要なシステムの 1 つです。SRP を使用すると、C# スクリプトを介してレンダリングを制御および調整できます。 このようにして、レンダーパイプラインをわずかに修正したり、完全に構築またはカスタマイズして、あらゆるプラットフォーム向けに見る人を惹きつける魅力的なインタラクティブコンテンツを作成することができます。 読んで、学んで、美しく。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    ポストプロセッシングスタックで華やかなエフェクトを実現

    Unity のアーティストにとって重要なツールセットの 1 つである ポストプロセッシングスタック の最新の更新について簡単に内容を説明します。また、スタックのスキルを向上させる追加リソースを 3 つについても紹介いたします。 ポストプロセッシングとは、画面への表出前にカメラのイメージバッファに対して全画面のフィルターやエフェクトを適用するプロセスです。エフェクトは物理カメラとフィルムのプロパティをシミュレートするため、コーディングやセットアップの時間はほとんど必要とすることなくコンテンツのビジュアルクオリティーを大幅に向上することができます。

    2019/07/26

    • Twitter
    • Facebook
    3+