Search Unity

アーティスト向け一覧

  • UNITY OFFICIAL

    Unity と Autodesk の効率的な連携方法

    Autodesk のアプリケーションと Unity の間でジオメトリを効率的にやり取りするためのアドバイス。Autodesk との独占的なパートナーシップに基づいて、Unity ではアーティスト向けに FBX Importer/Exporter を介した直観的なワークフローを提供しています。この記事のトピックとして、Scripted Importer、Timeline の統合とアニメーション、ライトとカメラに対応する Exporter、ノード名のリマップなどを取り上げます。

    2020/03/18

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL

    for Pro アドベントカレンダーまとめ

    2019年12月に開催されたアドベントカレンダーの記事をまとめました。 ECS, Addressable Asset System, Tilemapなど、Unityの新機能をご利用する際のコツやヒントがきっと見つかります。また、アーティストの方向けにUnityのシェーダーやレンダリングの事例やコツもあります。 さらに、モバイル向けやAR/VR向けに開発している方向けに役立つ記事もたくさん。

    2020/01/21

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL

    Unity2018とUnity2019での最適化に効く10のアップデートと12の新機能

    Unite Tokyoや Unity道場をはじめとした数多くのセミナーで最適化についての講演を行なっている、弊社ディベロッパーリレーションマネージャー・エンジニアである黒河優介が CEDEC2019で行った「Unity2018/2019における最適化事情」の講演で紹介された「Unity Profilerのアップデート」「Profiling関連の Packageアップデート」「既存機能のアップデートで最適化されたAPI」「描画系の新機能」「描画系以外の新機能」の概要をご紹介します。 本講演はアーカイブ動画と講演スライドが公開されておりますので、ぜひご参照ください。

    2019/12/17

    • Twitter
    • Facebook
    5+
  • UNITY OFFICIAL

    プログレッシブライトマッパーの最適化に役立つ8つのヒント

    Unityのライティングシステムに関する予備知識がある開発者やライティングアーティストに向けて、プログレッシブライトマッパーを使ったライティング結果の最適化に役立つ手法として、Unity のライトマッピングの最新情報、パラメーターの最適化、テクセルの効率的な使用、テクセル数の指定、テクセルが不要な場所、シャドウのベイク、ライトプローブの使用、フィルタリング設定のコツ、Lightmap Padding パラメーターの勘所について、Unity のグラフィックスプログラマーである Kuba Cupisz と Tobias Alexander Frankeが具体的に解説します。 ライティングの勉強はこれからという方にも分かりやすい内容で構成していますので、ぜひお読みください。

    2019/10/30

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    Cinemachine を使ってカメラを設定しましょう

    Cinemachine は、Unity 2017 サイクル以降、Unity における事実上の標準カメラシステムになりました。その裏には、たくさんのオプションや可能性を持った、洗練されたシステムがあります。Unity のテクニカルエバンジェリストである Ciro Continisio による、Cinemachine の上級者向けユースケースやヒントを紹介します。

    2019/07/28

    • Twitter
    • Facebook
    4+
  • UNITY OFFICIAL

    Animator Controllerに関する5つのヒント

    Will Armstrong からのアニメーターコントローラー (Animator Controller) に関する 5 つのテクニックをご紹介いたします。キャラクターのアニメーターコントローラーを作成することでスクリプトで作業するのと同じように、開発サイクル全体で効率よいアニメーションの再利用、拡張、そして動作を安定するようにしたり、さらにデバッグもできるようにするためのヒントを得ることができます。スクリーンショットはすべて、『Firewatch』に出てくるキャラクター Henry のアニメーションを引用しています。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    4+
  • UNITY OFFICIAL

    XRグラフィックスのベストプラクティスと課題対策

    シェーダーの最適化やポストプロセッシングスタックを最も効率的に使用する方法についてのたくさんのヒントを紹介します。この記事は、すでに Unity を使ってプログラムを作成した経験があり、現在 XR(あるいは VR や AR)を開発しているか、今後開発する予定のある方に役立ちます。 現在 Unity では、マルチパス、シングルパス、最近リリースしたシングルパスインスタンシング、Android シングルパス(シングルパスインスタンシングに類似)という、XR 向けの 4 つのレンダリング方法がサポートされています。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    Unityのハイエンドグラフィックス。ベストプラクティスとヒント

    Unity のスクリプタブルレンダーパイプラインの中核部分にあるリソースに関する概要 HDRP(HD レンダーパイプライン)と LWRP(ライトウェイトレンダーパイプライン)で構成される SRP(スクリプタブルレンダーパイプライン)は、Unity で使用する最も重要なシステムの 1 つです。SRP を使用すると、C# スクリプトを介してレンダリングを制御および調整できます。 このようにして、レンダーパイプラインをわずかに修正したり、完全に構築またはカスタマイズして、あらゆるプラットフォーム向けに見る人を惹きつける魅力的なインタラクティブコンテンツを作成することができます。 読んで、学んで、美しく。

    2019/07/27

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    ポストプロセッシングスタックで華やかなエフェクトを実現

    Unity のアーティストにとって重要なツールセットの 1 つである ポストプロセッシングスタック の最新の更新について簡単に内容を説明します。また、スタックのスキルを向上させる追加リソースを 3 つについても紹介いたします。 ポストプロセッシングとは、画面への表出前にカメラのイメージバッファに対して全画面のフィルターやエフェクトを適用するプロセスです。エフェクトは物理カメラとフィルムのプロパティをシミュレートするため、コーディングやセットアップの時間はほとんど必要とすることなくコンテンツのビジュアルクオリティーを大幅に向上することができます。

    2019/07/26

    • Twitter
    • Facebook
    3+