Search Unity

開発者向け一覧

  • UNITY OFFICIAL

    Unity公式デモプロジェクトを体験しよう

    Unityには沢山の公式デモプロジェクトがあります。デモプロジェクトはUnityの機能やワークフローを理解するための教材の一つです。本記事ではそれらのいくつかを紹介したいと思います。  

    2021/10/07

    • Twitter
    • Facebook
    0
  • UNITY OFFICIAL

    Backtraceでクラッシュログ管理

    Backtraceは開発中及びリリース後のゲームやアプリのフリーズ、クラッシュ、エラーなどの様々なエラーを検出してそのデータを収集することができます。このページではBacktraceの設定とログの見方を紹介します。  

    2021/10/01

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • COMMUNITY

    Unity 2020 LTS / Unity 2021.1におけるUnity Editorの小さな機能改善集

    Unity 2020 LTSおよび Unity 2021.1の小さな機能改善を紹介します。

    2021/09/24

    • Twitter
    • Facebook
    8+
  • UNITY OFFICIAL

    収益化とゲームデザイン

    ゲームをマネタイズするとはどのような意味で、なぜそれがゲームスタジオ大手とインディースタジオで異なるのでしょうか?Unity がそのプロセスを分解し、そのエコシステムにおける「プレイヤー」について話し合い、収益化のゲームに参加して成功を収めるための指針となる簡単なステップをご紹介します。

    2021/09/12

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL
  • UNITY OFFICIAL

    より優れたゲームを短時間で提供する

    デバッグに費やす時間を減らし、ゲームに致命的となるクラッシュを削減するよう取り組むことで、どのようにしてより優れたゲーミング体験を提供できるかについて学びましょう。

    2021/07/19

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • COMMUNITY

    Unityの新入力システム・Input Systemを使おう

    Unityの新しいInput Systemの使い方。これまでの入力システムとの違いや、なぜ新しい入力システムが必要なのかをはじめ、システムの全体像を重要なポイントを押さえつつ一望します。

    2021/05/20

    • Twitter
    • Facebook
    15+
  • UNITY OFFICIAL

    Unity Build Serverクイックスタートガイド

    Unity Build Serverは、バッチモードでビルドだけが実行できるように設計し、かつ、フローティングライセンスで運用できるようにしながら、機能を制限した分だけお得にご利用できるサービスです。 CI環境で専用のビルドマシンを複数台運用している方におすすめします。 ビルドマシンでUnity Build Serverライセンスを使用するためには、ライセンスを発行する、独自のライセンスサーバーを用意する必要があります。 このガイドでは、そのライセンスサーバーの設定を行います。

    2021/03/17

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    AR Foundationと Unity MARS

    Unity は、あらゆる環境にインテリジェントに適応し、デバイスをまたいで動作する、深くインタラクティブな拡張現実(AR)体験を構築できるようにするツールをクリエイターに提供しています。AR Foundation と Unity MARS がどのように連携して、デジタルと現実世界の境界線をあいまいにする AR 体験の作成を可能にするかをご紹介します。

    2021/01/22

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    Unity MARS の Simulation システム

    Unity MARS の Simulation システムは、拡張現実(AR)アプリ開発のテスト時間を短縮します。このシステムは、再生モードと編集モードの両方で、Unity Editor で平面や画像マーカーの検出など、世界を理解する機能を提供します。本記事では、このシステムの詳細と、クリエイターがこれを使用してコンテキストに適応した AR 体験を迅速に反復作成する方法をご紹介します

    2021/01/21

    • Twitter
    • Facebook
    3+