Search Unity

XR/AR一覧

  • UNITY OFFICIAL

    AR Foundationと Unity MARS

    Unity は、あらゆる環境にインテリジェントに適応し、デバイスをまたいで動作する、深くインタラクティブな拡張現実(AR)体験を構築できるようにするツールをクリエイターに提供しています。AR Foundation と Unity MARS がどのように連携して、デジタルと現実世界の境界線をあいまいにする AR 体験の作成を可能にするかをご紹介します。

    2021/01/22

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL

    Unity MARS の Simulation システム

    Unity MARS の Simulation システムは、拡張現実(AR)アプリ開発のテスト時間を短縮します。このシステムは、再生モードと編集モードの両方で、Unity Editor で平面や画像マーカーの検出など、世界を理解する機能を提供します。本記事では、このシステムの詳細と、クリエイターがこれを使用してコンテキストに適応した AR 体験を迅速に反復作成する方法をご紹介します

    2021/01/21

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    Google’s ARCore Depth API

    Unity の AR Foundation 4.1 では、Google の新しい ARCore Depth API がサポートされています。この機能が追加されたことで、AR Foundation の開発者は、デジタルコンテンツと物理的な世界をこれまで以上にリアルに融合させた体験を提供できるようになりました。この新機能についてご紹介します。

    2020/12/22

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    AR Foundation が ARKit 4 Depthをサポート

    Apple の新しい iPad Pro には LiDAR スキャナーが搭載されています。シーン理解と実世界の奥行き情報の取得が強化されたことで、拡張現実(AR)体験がもたらす現実感のレベルがさらに向上しました。Unity では、AR Foundation を拡張し、この新しい深度データとシーンジオメトリを導入した、ARKit 3.5 と ARKit 4 の新機能を追加しました。これらについてご紹介します。

    2020/12/22

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • COMMUNITY

    Unity MARSスターターテンプレートの魅力

    前回の記事では、Unity MARSの概要や基本的な使い方を紹介しました。今回は、Unity MARSに含まれるスターターテンプレートについて、使い方を含めて紹介します。 今回の検証は以下の環境で確認しています。 ・Unity 2019.4.12f1 LTS ・Unity MARS 1.1.1 ・macOSX 10.15.7(Unityを動かす環境) ・iOS 13.7(iPhone 8)、iPad OS 13.7(iPhone 6th) ・Windows Version 19041.1109 (HoloLens2)

    2020/12/04

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • COMMUNITY

    ゼロから学べるUnity MARS 簡単なARナビゲーションを作ろう

    UnityだけでARコンテンツを手軽に作成できる「Unity MARS」の概要を理解した上で、スマートフォンを利用して現実空間に矢印を出すARナビゲーションコンテンツの作り方をステップバイステップで学べます。今回は以下の環境で検証しています。 ・Unity 2019.4.12f1 LTS ・Unity MARS 1.1.1 ・macOSX 10.15.6(Unityを使用する環境) ・iOS 13.7(iPhone 8)

    2020/12/04

    • Twitter
    • Facebook
    2+
  • UNITY OFFICIAL

    Unity での VR とモバイル AR のグラフィックスに関するベストプラクティス

    バーチャルリアリティ(VR)と拡張現実(AR)のグラフィックスを制作するための Unity のツールとワークフローは進化し続けています。XR エバンジェリストの Dan Miller が、ハイエンド VR とモバイル AR 向けの高パフォーマンスなグラフィックスを制作する方法に関する最新のベストプラクティスを紹介します。

    2020/06/24

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL

    第一線で活躍中のプロが語る、シンプルで普遍的なゲーム設計のヒント

    このページでは「ゲーム成功の重要なカギ」であるプレイヤーをゲームに惹きつけて離さない効果的なゲーム設計の重要なコンセプトである「フローとシンプルさ」、数多のゲームがあつまるゲーム市場で成功するためのカギである「ゲームを目立たせるコツ」、VR体験向けの印象的なナラティブを創り出して「VR ストーリーとプレイヤーのエンゲージメントを改善する方法」を学ぶことができます。

    2019/12/03

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL immerse-ar

    没入感を損なわずに Unityで ARコンテンツを開発するための 3つのテクニック

    ARコンテンツで違和感を感じやすい要素のうち最も没入感を損ないやすい 3つの要素である「現実空間の明るさと合わせる」「現実空間の周辺の風景を映り込ませる」「現実空間の物質の背後に隠れる」ことについて、オブジェクトのライティング、リアルタイムのリフレクション、平面オクルージョンという 3つのテクニックで解決する方法を身に付けることができます。

    2019/10/15

    • Twitter
    • Facebook
    1+
  • UNITY OFFICIAL

    北米で人気のテレビアニメをVR化した時の課題の解決で得られた知見

    北米で人気のホームコメディ「Rick and Morty」を彷彿とさせるとても愉快な体験を VRで実現するために、Owlchemy Labsが実際にどのような課題を具体的にどのように解決してヒットゲームを生み出したかという事例を通して、テレビ番組の熱烈なファンやそのクリエーター、将来のプレイヤーなどへの配慮が必要な事例だけでなく、VRコンテンツ全般で有用な、VR酔いやVR特有の衝突事故の回避策、ロケーションベースの VRで考慮すべき現実空間と VR空間の関わり合い方のデザインのコツを学ぶことができます。

    2019/09/18

    • Twitter
    • Facebook
    1+